JA

問題発見型・解決型学習

     

社会情報学専攻では、実世界の問題を自ら発見し解決する能力を高める科目「問題発見型・解決型学習(前後期各1単位)」を受講することができます。 この科目では、様々なテーマのもと少人数のグループに分かれ、新しい学習環境のデザイン:創造性を育む場を作る、 書と茶を介した談話空間のデザイン、 クラウドソーシングにおける組織デザインといったテーマに取り組んできました。

平成30年度に社会情報学専攻が実施する以下の4テーマを受講できます。
なお、デザイン学大学院連携プログラムで実施する問題発見型・解決型学習も同様に受講できます。詳しくはこちらをご覧ください。

Exploring New Social Systems with Blockchain Technologies (平成30年度・前期)
(ブロックチェイン技術を用いた新しい社会システムの探索)

実施責任者
  • Toru Ishida: Professor, Department of Social Informatics
実施協力者
  • Donghui Lin: Assistant Professor, Department of Social Informatics
  • Yoshinori Hara: Professor, Graduate School of Management
テーマの背景
A blockchain, is a continuously growing list of records, called blocks, which are linked and secured using cryptography. A blockchain is inherently resistant to modification of the data. Once recorded, the data in any given block cannot be altered retroactively without the alteration of all subsequent blocks, which requires collusion of the network majority.
Blockchains are secure by design and are an example of a distributed computing system with high Byzantine fault tolerance. This makes blockchains potentially suitable for the sharing a variety of records to ensure traceability without any centralized control, and thus the technology may create a huge impact to our society worldwide.
実習の概要・実施場所
This FBL/PBL explores new social systems by using blockchain technologies. There already exists a variety of trials. We survey those activities and evaluate their potentials. We then try to create several new applications for future societies. For example, we can design a new documentation sharing system to create customized teaching materials, which can fit to any educational environment; teachers can freely use existing materials with reasonable costs, while keeping the compatibility with existing copyright systems.
The FBL/PBL includes literature reviews, brainstorming / ideation workshops, invited talks, and presentations. See Schedule to know the location of the FBL/PBL.

福島の今と京都にいる自分(平成30年度・前期)
(Today in Fukushima and ourselves in Kyoto)

実施責任者
  • 情報学研究科社会情報学専攻 教授 大手信人
実施協力者
  • 東京大学大学院農学生命科学研究科 准教授 二瓶直登
テーマの背景
東日本大震災から 7 年、津波と原発事故の災害を受けた福島の農・漁村の今 を伝える情報は年ごとに減っていった。今なお 5 万人が避難したままの福島 の一次産業はどうなっているのか。メディアからしか伝えられない情報とフ ィールドで体感される情報との差異を明らかにし、災害当該地から離れた 我々が、時間と伴に共有者が減少する、この社会的な問題を理解するために、 どのようなコミュニケーションや情報伝達が必要かを考える。
実習の概要・実施場所
実習概要: 福島県北部の中山間部において、農業・林業従事者、そこで調査を行ってき た研究者らにインタビューを実施し、原発事故後 7 年間の事実の時系列の把 握を行う。それらを、メディアを通じて当該地域以外で得られる情報との差 異に着目して整理する。それをもとに、こうした情報の格差を是正するため、 どのようなコミュニケーション、情報伝達の方法、技術があり得るかを検討、 提案する。

実施場所:
福島県伊達市霊山町小国地区、福島県相馬郡飯舘村とその周辺

実施計画:
8~9 月に 3 泊 4 日の集中講義として実施する。 詳細は決定次第通知する。

Prototyping a New Social System with Blockchain Technologies(平成30年度・後期)
(ブロックチェイン技術を用いた新しい社会システムのプロトタイピング)

プライバシ保護とパーソナルデータ市場(仮題)(平成30年度・後期)
(Privacy Protection and Personal Data Market (Tentative) )

▲Page TOP
▲Page TOP