言語グリッド

言語グリッドは世界中の言語資源(辞書,用例対訳,機械翻訳など)を登録し共有することができる,インターネット上の多言語サービス基盤です.平成19年7月12日第4回社会情報学専攻会議にて,社会情報学専攻の業務として運営することが以下の通り決定されています.

  • 独)情報通信研究機構(NICT)が提供するサービスグリッドソフトウェアを用いて,社会情報学専攻が,非営利利用と研究利用を条件に言語グリッドの運営組織となり,異文化コラボレーション研究を推進する
  • 本件に関する専攻の代表として石田亨教授を指名し,言語グリッドの覚書締結の際には,石田教授が代表者としてサインをする

なお,言語グリッドは京都大学で発案され,ソフトウェアが 独)情報通信研究機構(NICT)言語グリッドプロジェクトによって開発されました.現在,オープンソースソフトウェアとして公開されています.これまでに,世界中の多数の組織での利用実績を蓄積していますが,本学においても,言語グリッドを利用して,情報学研究科の留学生のための「G30コミュニティサイト」が提供されています.

▲Page TOP
▲Page TOP