アドミッションポリシー

社会情報学専攻では、高度に複雑化する情報化社会の構造を解明し、実際に情報システムを構築することができる人材の育成を目指しています。さらに、文化、経済、環境、防災の各方面でグローバル化する人間の社会活動を支える人材を育成します。

そのため、多様な分野の出身者を受け入れており、入学試験においては各自が学んだ専門分野の知識を問う専門科目の他、情報学の基礎知識を問う情報学 基礎を修士課程、博士課程で課しており、さらに修士課程については論理的思考を問う一般論述を課しております。入学試験ではこれらの筆記試験と面接口頭試 問の成績をあわせて評価を行います。

入学後は、修士課程、博士課程とも複数アドバイザー制を導入しており、直接の指導教員の他、2名のアドバイザーを加えた指導を行っています。また、 修士課程においては、専攻基礎科目として情報社会論、情報システム設計論及び演習、情報システム分析論及び演習を課しています。

社会情報学専攻への誘い

情報は人が暮らすところで生まれます。
– インターネットの中に、社会に関する情報のソースがあるわけではありません。

大学院 情報学研究科 社会情報学専攻 教授 大手 信人

情報のソースは人が暮らすところに存在します。社会情報学はそのソースから情報を引き出すことから始まり、情報を使いやすくするシステムを作り、それを使ってよりよい社会をデザインするところまでをカバーします。たとえば、水産資源を持続的に保全するために魚類の生態に関する情報をバイオロギングの手法を用いて収集したり、森林がもつ生態系サービスを持続的に利用するために様々なセンサーで動植物の機能に関する情報を収集したりします。また、こうした自然環境から得られるデータを使いやすいデータベースにまとめる方法も研究しています。さらに、医療や教育の現場でどのような情報技術が生きるのか、防災・減災のための施策に必要な情報とはどのようなものかなど、社会のデザインに活用できるデータの利用方法についても研究しています。つまり、私たちの社会と直接関わりのある情報を生み出し、育てて、役立つものにする研究を進めているのが社会情報学専攻です

 情報技術の基盤構築と社会展開

大学院 情報学研究科 社会情報学専攻 教授 吉川 正俊

今後は、情報技術を用いることによりこれまで築き上げられた社会の多くのシステムが大きく変わる可能性があります。社会情報学専攻では、情報技術の基礎を学びその可能性と限界を理解した上で、その社会への展開について学びます。本専攻には情報技術と、生物、農業、医療、防災、教育など応用分野の専門に通じた教員が揃っており独自のアドバイザ制度により幅広い教育を受けることができます。社会情報学専攻は、情報技術を用いた社会問題の解決や、ゼロベースで新たな社会システムを設計できる人物を輩出することを目標としています。本専攻では情報系の研究室でも、電子カルテデータを利用した医師の診断支援、生体信号の利用や合流経路探索による歩行経路推薦、Webコンテンツの信憑性検証、集合的意志決定など社会展開を意識した多くの研究が進行中です。情報技術を極めると共にそれを実際に様々な分野に適用し社会をより良い方向に変えて行く研究に参加しませんか?

▲Page TOP
▲Page TOP